Skip to main content

Lesson 8

傾斜ボールスイッチ#

傾斜ボールスイッチの学習。

使用する機器#

  • (1) x Elegoo Uno R3
  • (1) x Tilt Ball switch
  • (2) x F-M wires (Female to Male DuPont wires)
傾斜センサー

中に入ってるボールが分側の基部に触れていると通電し、それ以外はOFFになる。使用すると、向きや傾きを検出できます。 「水銀スイッチ」、「傾斜スイ ッチ」または「ローリングボールセンサー」と呼ばれることもあります。

構成#

スイッチのピンに正負はない
サンプルプログラムをデプロイすると、シンプルにスイッチがONの場合は Arduino 本体の LED が光り、OFFの場合は消えることを確認できる
真上、真下にスイッチのぼーるがなくても、筒の太さ、長さ、ボールの大きさからわかるようにちょっとの傾斜でON/OFFになる事がわかる

const int ledPin = 13;//the led attach to
void setup()
{
pinMode(ledPin,OUTPUT);//initialize the ledPin as an output
pinMode(2,INPUT);
digitalWrite(2, HIGH);
}
void loop()
{
int digitalVal = digitalRead(2);
if(HIGH == digitalVal)
{
digitalWrite(ledPin,LOW);//turn the led off
}
else
{
digitalWrite(ledPin,HIGH);//turn the led on
}
}

pinMode() は INPUT にするとプルアップ抵抗が無効になる。そのため setup() 内で digitalWrite() で HIGH にしプルアップ抵抗時と同等の状況にしている。
後はスイッチの HIGH , LOW に応じて ボードの LED を HIGH , LOW にしている。