Skip to main content

NFSの設定

info

情報が古くなっています

サーバ側設定#

サーバのインストール#

# yum install nfs-utils

共有ディレクトリを登録#

NFS共有したいディレクトリ、接続元、権限を設定

# vim /etc/exports
/data02 <ipaddress>(rw,async,no_root_squash)
/data02 <ipaddress>(rw,async,no_root_squash)

NFSサーバを起動

# systemctl start nfs-server
# systemctl enable nfs-server

共有ディレクトリを登録

# exportfs -ra
# exportfs -v
info

NFS4であれば利用ポートは固定(2049,111)されているためポート固定は不要

クライアント側設定#

パッケージのインストール

# yum install nfs-utils

マウント設定

# vim /etc/fstab
<ipaddress>:/data02 /data02 nfs rw,_netdev,soft,timeo=300,retrans=2 0 0

マウント

# mount /data02

/etc/fstabに記載しておけばOS再起動時にも自動でマウントしてくれる