Skip to main content

SSH認証設定

memo

クラウドサービスやコンテナが主流となり単純にサーバへのアクセス方法がSSHのみと言えなくなっている
サーバを運用する場合、クラウドサービスのコンソール権限、API、コンソール上のターミナルサービスなど
総合的に運用の実態を把握する必要がある

パスワード認証設定#

パスワード認証の設定

  • メリット
    • アカウントのパスワードを知っていれば特別な操作はいらない
  • デメリット
    • パスワードがネットワーク上を流れるのでパスワードを盗まれる可能性がないとはいえない
    • ブルートフォースアタック等によりパスワードが流出する可能性がある

パスワード認証より鍵認証のほうがセキュアだという記事をよく見るが、サーバ側からすればそうでしょう
しかしデメリットの部分を考えてみるとパスワード認証でも鍵認証でも流出が根本の問題となり接続、運用を行う担当者がリスクとなる問題
パスワードだからセキュアではない、鍵認証だからセキュアだという意識ではなく
運用担当者は管理できているか、SSHへのアクセス制限は実施しているか、作業端末は固定化しているかなどをまず考えるべき
その上で運用や現場の利用手法よりセキュアな通信、接続方法を実施する

# vim /etc/ssh/sshd_config
PasswordAuthentication yes
ChallengeResponseAuthentication yes
UsePAM yes

鍵認証設定#

鍵認証方法によるユーザー認証設定

  • メリット
    • ネットワーク上をパスワードが流れる心配がないのでパスワード認証方式より安全
    • 鍵ファイルとパスフレーズ両方で流出を防ぐ事が出来る
  • デメリット
    • 前もって鍵ファイルをサーバや作業端末に登録しておく必要があるため運用が手間
    • 作業環境分の鍵ファイルコピーや作成を行う必要があるため手間

パスワードだからセキュアではない、鍵認証だからセキュアだという意識ではなく
運用担当者は管理できているか、SSHへのアクセス制限は実施しているか、作業端末は固定化しているかなどをまず考えるべき
その上でよりセキュアな通信、接続方法を実施する

まず鍵認証を許可するよう設定します。

# vim /etc/ssh/sshd_config
RSAAuthentication yes
PubkeyAuthentication yes
AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys

SSHを再起動して設定を反映後、鍵交換により接続出来る事を確認する
鍵認証による接続が確認できた後、パスワード認証を無効化

# vim /etc/ssh/sshd_config
PasswordAuthentication no
ChallengeResponseAuthentication no

再度SSHを再起動して設定を反映し、パスワードでSSHログインできない事を確認

# sshd -t
# systemctl start sshd