Skip to main content

サブスクリプション登録

Redhat 開発用サブスクリプション登録#

開発用寒サブスクリプションを利用してOSインストールを行ないたい場合は開発サイトに登録し、専用のISOをダウンロードする必要がある。

Redhat Developer

サイトより利用したいOSのISOイメージをダウンロードする。
その時利用者情報の入力を求められ、入力後ダウンロードが開始する。
しばらくするとカスタマーポータルにてサブスクリプションが関連付けされていることを確認できる。

インストールしたサーバへのサブスクリプション登録

# subscription-manager register --username {username} --password {password} --autosubscribe

カスタマーポータルにて割当が正常にできていることも確認

開発用サブスクリプションの有効期限は1年