Skip to main content

ログのローテート

logrotatedの設定#

CentOS / Redhat ではOSやシステムのログ管理ツールとして logrotated がインストールされている
環境や利用用途にあわせ適切なローテート間隔、保持期間を設定する

ローテートファイルの保持世代数

# vim /etc/logrotate.conf
# keep 4 weeks worth of backlogs
rotate 100

ローテート後に新しいログファイルを作成

# create new (empty) log files after rotating old ones
create

ローテート後ファイルの接尾辞

# use date as a suffix of the rotated file
dateext

ローテート後ファイルの圧縮処理有無

# uncomment this if you want your log files compressed
compress

サービス毎のログローテート設定#

システムに関するログはデフォルトでローテートされるよう設定されているが不要なものもあるので修正する

syslog#

デフォルトではログファイルが空でもローテートするようになっており、
ゴミログファイルが作成されてしまうので空のログファイルはローテートしないよう修正

# vim /etc/logrotate.d/syslog
/var/log/cron
/var/log/maillog
/var/log/messages
/var/log/secure
#/var/log/spooler
{
missingok
notifempty
sharedscripts
postrotate
/bin/kill -HUP `cat /var/run/syslogd.pid 2> /dev/null` 2> /dev/null || true
endscript
}

bootlog#

空の場合はローテートしないように修正

# vm /etc/logrotate.d/bootlog
/var/log/boot.log
{
missingok
notifempty
daily
copytruncate
rotate 7
}