Skip to main content

運用設定

Kernel パニック対策#

カーネルパニックが発生した場合デフォルトでは 0(ハングアップ) となっているため指定秒後を自動再起動するようにする

# vim /etc/sysctl.d/99-sysctl.conf
kernel.panic = 10

設定の反映

# sysctl -p /etc/sysctl.d/99-sysctl.conf

または再起動する

HISTORY履歴の詳細化#

history コマンドで履歴を見たときにタイムスタンプも表示させるようにする

# vim /etc/profile.d/history.sh
HISTTIMEFORMAT='%Y/%m/%d %H:%M:%S '

コンソールのカスタマイズ#

環境によってコンソールに表示されるホスト名のカラーを変え資格的にどの環境にアクセスしているか分かるようにする

# vim /etc/profile.d/ps1.sh
PS1="[\u@\[\e[1;35m\]\h\[\e[00m\] \w]\\$ "
codecoloer
0;30mBlack
0;31mRed
0;32mGreen
0;33mYellow
0;34mBlue
0;35mPurple
0;36mCyan
0;37mWhite

ログイン時のメッセージ表示#

ログインした際に本番環境であればメッセージを表示するようにする

# vim /etc/motd
!!!!!!!!!!!!!!!!!
Prod Server 1
!!!!!!!!!!!!!!!!!

ユーザー作成時のデフォルト設定#

OSユーザー作成時には /etc/skel 配下のファイルがテンプレートとしてユーザーフォームディレクトリに展開される
OSユーザーに標準で設定したい変数やファイルがある場合に利用する

# ls -la /etc/skel/
合計 24
drwxr-xr-x. 2 root root 62 4月 6 23:18 .
drwxr-xr-x. 85 root root 8192 5月 25 17:50 ..
-rw-r--r--. 1 root root 18 9月 7 2017 .bash_logout
-rw-r--r--. 1 root root 193 9月 7 2017 .bash_profile
-rw-r--r--. 1 root root 231 9月 7 2017 .bashrc